業務委託契約の始め方

初心者フリーランス必見!業務委託の基礎知識

業務委託で働き始めるには、まずエージェントを選ぼう!

New

まずは所属エージェントの決定

業務委託契約を始めよう

開業手続き

フリーランスとして働くためには、会社を退職して税務署に「開業届」を提出すれば、晴れて個人事業主となり、事業を開始することができます。この際、税金の申告のために、あらかじめ「開業届」と共に「青色申告承認申請書」を提出したり、都道府県によっては所定の様式により、事業の開始を届け出なければならない場合もあります。またこれまでの社会保険から、国民健康保険や国民年金に加入し直すことになるのが通常です。更に労働保険や雇用保険に加入することができなくなるため、業務上の自己や怪我、あるいは病気によって仕事ができなくなっても、生活の補償はありません。

フリーランスの営業活動

またITエンジニアが会社勤めをしている場合であれば、営業活動をする必要はなく、会社の指示に従って、あちこちのプロジェクトに参加しながら、基本的には自分の専門分野の仕事に集中していれば良い環境を与えられるものです。
しかしフリーランスになると、仕事を受注するための営業活動も始めなければなりません。そのため実力は高いのに自己アピールすることが苦手で、仕事に恵まれないという場合が、フリーランスにはあり得ます。従来であれば会社員時代のコネや人脈から少しずつ顧客を広げるというのが一般的でしたが、最近はネット上の案件紹介サービスも充実していますし、あるいはプロのエージェントを利用するフリーランスも増えています。
これはつまりフリーランスが、プロのエージェントに営業活動を依頼して、案件の受注に成功すれば紹介料として一定の報酬を支払うという契約を結ぶものであり、その報酬は案件単価に対する一定割合と定められている場合が多いようです。エージェントによっては、履歴書の書き方から面接の受け方など、仕事の受注につながるような様々な情報提供を受けられる場合もあり、また税務申告など、フリーランスとして必要な手続きのサポートを受けられることもあります。まずはネット上のサイトから、気になる案件情報などを掲載しているエージェントに登録する際には、履歴書や職務経歴書の提出が求められ、また希望する案件や環境などを伝ることになるのが一般的な流れです。

「joBeet」

事前カウンセリングによってマッチング精度の向上に努め、ベストな選択ができるよう提案します。

joBeetから引用

Web系・ソーシャル系のフリーエンジニアやフリーデザイナー向けの案件に特化した「joBeet」は、個々のキャリアビジョンやライフプランに応じた案件紹介を心掛けていることから人気のあるエージェントです。

こちらからjoBeetのページにジャンプします

「レバテックフリーランス」

顔合わせへの同席もいたします。また、契約書類の作成もお手伝いいたしますので、ご安心ください。

レバテックフリーランスから引用

ITエンジニアの需要の高まりに対して人材不足は深刻化しており、そのため転職サイトや求人情報・案件紹介サービスなどが増えていますが、中でもフリーエンジニアに専門特化して、契約書作成相談など、きめ細やかなサービスを提供しているのが、「レバテックフリーランス」です。

充実したサポート体制と案件単価が高いことから、フリーエンジニアの間で高い評価を得ているエージェントです。

こちらからレバテックフリーランスのページにジャンプします

pick up title

業務委託契約の始め方

Copyright (C) 2015 業務委託契約の始め方 All Rights Reserved.