業務委託契約の始め方

初心者フリーランス必見!業務委託の基礎知識

退職してフリーランスになる人の必須知識!業務委託の基本をご紹介

New

業務委託契約の始め方

会社を退職してフリーランスのエンジニアになったら、個人事業主としてクライアントから仕事をとることになります。その際の契約としてよく使われるのが「業務委託契約書」です。業務委託に関する知識は、フリーランスで活躍していくならば絶対におさえておきたい必須知識です。最低限知っておくべき法律の基礎知識と、締結時の注意点などを紹介します。

当サイトの目的について

当サイトの目的について

フリーランスがクライアントから業務委託を受ける際、契約内容を理解することが必要です。当サイトは、フリーランスが業務委託契約などを締結するにあたって、最低限知っておくべき知識を身につけることで自分の身を守る力をつけると同時にトラブル防止などに役立ててもらえればという思いで立ち上げました。特にエンジニアの場合は「業務委託契約」という名称の契約書を締結するケースが多くなると思います。業務委託という言葉の意味、契約書のチェックポイント、締結を有利に進めるコツなど、参考にしてもらえればうれしく思います。

当サイトの目的についての続きはこちらへ
まずは業務委託の入門知識

まずは業務委託の入門知識

会社を退職しフリーランスで生きる道を選ぶのであれば契約関連の知識は必ず身につけておくべきです。特にエンジニアの場合、自分個人とクライアントの間で「業務委託契約」という名の契約を締結するシーンが多くなります。そこでまずは、業務委託の入門知識として、「法律面で見る業務委託の位置付け」、「注意が必要な契約形態ごとの特徴」、「契約締結の一般的な流れ」、「トラブル防止に役立つ契約書の役割」について紹介します。

まずは業務委託の入門知識の続きはこちらへ
契約書と上手に付き合うには

契約書と上手に付き合うには

契約締結をするにあたって、どちらが契約書を作成するかという問題がありますが、これは自分で作成したものを使用した方が絶対的に有利です。契約締結時に慌てて作成するのでは遅いので、余裕があるうちに基本の雛形を用意しておきましょう。契約書作成のための具体的なチェックポイントや作成方法、テクニックなどを紹介します。契約の内容によっては収入印紙が必要になりますので注意が必要です。収入印紙代を節約するコツなども知っておくと良いでしょう。

契約書と上手に付き合うにはの続きはこちらへ
業務委託契約を始めよう

業務委託契約を始めよう

業務委託の基礎知識を身につけたら、実際に業務委託契約を締結してフリーランスエンジニアとしてバリバリ仕事をして稼ぎましょう!業務委託で稼ぐためには「好条件の仕事を安定的にとること」です。仕事探しはエージェントに任せるのがベターです。そして儲けた利益には税金がかかることも知っておかなければなりません。稼ぎに比例してかかる所得税を年に一度まとめて納付することになるので納付資金はよけて管理しておくと良いでしょう。さらに国民健康保険や年金などの費用もかかりますので、忘れずによけておきましょう。

業務委託契約を始めようの続きはこちらへ

pick up title

業務委託契約の始め方

Copyright (C) 2015 業務委託契約の始め方 All Rights Reserved.